紛争解決

紛争で勝つためには、①証拠や事実関係といった「素材」を発見し取捨選択する、②その「素材」をもとに最良の法律構成を組み立てる、③構築した法律構成に基づいて主張を論理的に展開する、という3つの能力が必要であると考えております。もちろん、関連する法律の解釈論や裁判例に精通していることは当然必要になりますが、訴訟の帰趨を決するのはむしろ上記の3つの能力であり、単にある専門分野に詳しいかどうかという価値基準が当てはまらないのがこの分野の特徴です。これらの能力は、単なる知識ではないノウハウの部類に属するものであることから、一朝一夕に身に付くものではなく、様々な分野の多種多様な訴訟を経験することでしか向上しません。
当事務所では、国内外を問わず、訴訟・仲裁・調停等の手続、さらにはそれらの手続に至る前の当事者間の紛争について、多くの経験を有しております。訴額が数十億円を超えるような大規模事件や高い専門性を必要とする難解な訴訟に特に強く、判例分析や緻密な論理構成、効果的な証人尋問で、大半の事件で有利な解決を獲得してきました。また、紛争解決に関する豊富な経験を背景として、時に仮差押え等の手段を駆使し、訴訟移行前に交渉で迅速に最善結果を出したケースも数多くあります。当事務所は、このような経験豊富な弁護士が、直接、主体的に担当して解決に全力を尽くします。
当事務所は、以下のような幅広い紛争類型について、訴訟、仮処分の豊富な経験を有しております。

【民事・商事事件】

●契約解釈に係る紛争
●製造物責任訴訟
●建物明渡し、賃料改定、建物の耐震性能を巡るトラブル等の不動産関係の紛争
●株主代表訴訟
●会社支配権を巡る紛争
●税務訴訟
●名誉棄損訴訟
●競業避止義務を巡る紛争
●損害保険、生命保険関係訴訟
●フランチャイズ紛争
●業務提携、JV契約、代理店契約の解消を巡る紛争

【証券事件】

●有価証券報告書等の虚偽記載に係る損害賠償請求訴訟。
●金融機関による金融商品の販売等に伴う説明義務違反を巡る紛争