Interviews

アソシエイト

清水 沙織里

志望動機

T&Kに入所を決めるまで、どのような働き方が自分に合うのか、どんな雰囲気の事務所がいいのか、企業で働くことを考えた方がいいのか、等、様々な検討を行いました。
その結果、企業や既に完成された大規模な事務所もすごく魅力的だと思いましたが、これから成長していく、エネルギッシュな事務所に入所したいと考えるようになりました。
理由は、二つあるのですが、一つは、既に完成された大規模な事務所は、確定した事務所の文化があったり、取り扱い分野が決まっていたりして、自身の成長もその範囲に限定されるのではないかと考えたこと。もう一つは、成長中の事務所では、不確定要素もあり流動的である分、所属弁護士が試行錯誤をしつつ意欲的に業務に取り組んでいるだろうから、自身も他にはない経験ができ、楽しいと考えたことです。
そうして、T&Kの面接を受けたのですが、所属弁護士が真摯に業務に取り組んでいることを感じたのは勿論、その取扱い分野が国内法務から渉外法務、M&Aから労務や知的財産と非常に幅広いことが印象的でした。
私は、特定の分野でのスペシャリストになりたいと考えておりますが、専門分野以外を知らないのでは、ワンストップでの最適なサービスをクライアントに提供することはできないとも考えていました。そのため、T&Kであれば、専門性を高めつつ、一般的な知見も十分に持ち合わせた一人前の弁護士として成長することができると確信し、入所を決めました。

業務内容

業務内容は、私の場合は基本的にコーポレートが多いですが、入所時に希望したとおり、多岐にわたります。私は二年目ではありますが、M&A(国内及び海外)、ファイナンス関係(国内及び海外)、知的財産(国内及び海外)、労務(国内及び海外)、紛争(国内及び海外)、第三者委員会、IPO、IT関連、エンターテインメント等々、数多くの案件を担当させて頂いています。
先輩弁護士は経験を積んでいる分、特定の専門性をお持ちの方も多いですが、私は弁護士として二年間を経過するまでは、色々な分野でジェネラリストとしての知見を高めたいと希望しておりますので、希望どおりに多くの案件で経験を積ませて頂いています。
この業務の幅広さは、当事務所に入所を決めて良かったと思う大きなポイントです。数ある事務所の中でも、この国内及び海外を含めた業務範囲を一年間で経験できる事務所は少ないのではないでしょうか。多種多様な案件に関わるということは、勉強も勿論大変ではありますが、日々、弁護士としての急速な成長を実感できます。

執務環境

執務スペースは、パーテーション(仕切り)がありますが、個室ではなくオープンスペースです。そのため、先輩弁護士に気軽に案件について相談をすることができています。また、パートナー、顧問、シニアカウンセル、秘書の部屋も同じフロアにありますので、コミュニケーションを取りやすく、ふらっと話かけてくださったりと、何かあればすぐに相談できる環境が整っております。また、疲れた時にはリフレッシュスペースで、コーヒーを入れたりして充電できるのも、大好きな時間です。

新人教育

案件を開始する際、案件担当のパートナーから、当該事案の性質・特徴、関連法令、気を付けるポイント等の丁寧なレクチャーを受けます。このレクチャーは、一般的な新人教育プログラムに比べて、はるかに実践的だと思います。専門性を持つパートナーが、この種の事案でどこに着目するか等を学ぶことができる良い機会です。また、T&Kでは、基本的に一つの案件にパートナーが二人以上入るため、パートナー同士の議論も、多角的に事案を考える学びの一つとなっています。一つの案件にパートナーが二人とアソシエイトが一人ということもあり、この場合、緊張もしますが、案件の最初から最後までを見ることができ、その学びはとても大きいと感じています。
また、T&Kでは、メンター制度があり、案件については勿論ですが、働き方や将来について等、種々の相談をすることができます。親身に相談に乗ってくれる人が常に同じ事務所にいるというのは、とても心強いものです。

雰囲気

人間関係は良好で穏やかなため、悩んだことはありません。一方で、業務に関してはエネルギーあふれる事務所で、各弁護士が意欲的に業務に取り組んでいます。クライアントに対するアドバイスについても、単に法解釈をしただけの回答を行うのではなく、その一歩先を考え、何が最善かを導き出すために議論が盛んに行われます。そのため、アソシエイトからの提案も頻繁に行われ、パートナーやカウンセルと議論することも日常的です。アソシエイトからの提案に対して真剣に向き合ってくれる懐の深さがありますので、次回からも主体的に最善策を提案しようと思え、ひいては自身の成長にもつながります。これはT&Kに入所してよかったと思うポイントです。また、秘書の方々も、先回りして提案やサポートをしてくださったりと、事務所一丸となって業務に取り組んでおり、働きやすい環境だと感じています。

志望者へのメッセージ

T&Kの良いところは、国内及び海外を問わず、幅広い経験を積みながら、事務所と一緒に成長できるという点です。事務所が大きくなっていくというのは、会社が大きくなっていくのと同じで、その経験をした人でないと味わえない経験と魅力があると思います。流動的である分、柔軟性が高く、弁護士個人が尊重されるので、自分の希望分野を決めれば、事務所全体でバックアップをしてもらえます。そのため弁護士としての総合力と専門性を磨き、エネルギッシュな環境に身を置きたいと考えている方はT&Kがよいと思います。皆様と一緒に働けることを心より楽しみにしております。

エントリーフォーム

採用をご希望される方は、以下のエントリーフォームからご応募ください。

弁護士採用

ダミー当事務所では、弁護士中途採用として、日本(修習期問わず)及び中国の弁護士資格をお持ちの弁護士を募集しております。

スタッフ採用

ダミー弁護士秘書の新卒採用を希望される方は、下記の応募フォームにご入力いただき、当事務所までご連絡ください。

SCROLL
LAWYER INTERVIEW