中国

昨今の中国は外商投資企業に関する審査手続が届出制に変更されたことなど、依然として法令の変更が多くなされます。また、様々な規制等が突然厳格に運用されるというような予測困難な事態も多々生じます。したがって、中国に進出する日本企業は、これらの大きな変遷も常にアップデートし、最新の実務を踏まえた対応を行う必要があります。

当事務所には北京及び上海の大手事務所にて4年近く勤務した弁護士がおり、最新の法規制に精通しているとともに、個人レベルで、各法律事務所のスペシャリストとコネクションがあります。中国から日本への投資、日本から中国への投資、進出及び中国からの撤退(清算、持分譲渡等)、模倣対策、知的財産権取得のための審判及び行政訴訟並びに中国における様々な不祥事につき、トータルでのリーガルサービスを提供いたします。そして、現地弁護士との密なネットワークを駆使し、必要に応じて現地弁護士を含めたベストなチームを組成し、最善の実践的な方策をアドバイスいたします。